冷え対策は寒い時期だけ!? 暖かくなったら冷房対策

急に春めいたと思ったら全国的に夏日になったり、また肌寒くなったりと気温の変化が激しい日々が続いていますね。新生活が始まるこの時期は、気温の変化だけでなく、自律神経も乱れやすく、体調も崩しやすい時期でもありますから、いつも以上に体調管理が必要だな、と痛感しているこの頃です。

先日、「冷え対策は寒い時期だけで十分でしょうか?」というお問合せをいただきました。冷暖房がある生活が当たり前になり、私たちの生活はとても快適なものになりました。しかしそれは、冷えを1年中感じやすい生活でもあるのです。特に寒さを感じやすい方は、暖かくなった季節でも冷え対策・冷房対策が必要だと思います。

女性の体は男性の体よりも筋肉量が少なく、皮下脂肪の割合が多いです。熱は筋肉を動かすことで作られますから、男性よりも体が冷えやすい体質なのです。また、女性はスカートやパンプス、首回りが開いた服といったように、肌の露出が多い服装である傾向にもありますから、同じ環境でも女性の方が寒さを感じやすいと言えるでしょう。
とはいえ、暖かくなってくると厚着をしたり、靴下を重ねて履いたりするのは少し抵抗がありますよね。私も年中長袖を着ていた時期があったのですが、周りには「見ているだけで暑い」とよく言われていました。それに春は春らしく、夏は夏らしく、季節に合ったおしゃれもしたいものです。

冷たい飲料を飲みすぎない、アイスを食べすぎない、体を温めるものを積極的に取り入れるなどといったように、日ごろから体を冷やしすぎないこと、冷えない体づくりを心がけると良いですね。そして体が冷えるな、と思ったときは首まわりに、足が冷えるな、と思ったときは足首に、何か巻くだけでも冷え対策になります。私は普段からストール、靴下、足首ウォーマーなどを持ち歩くようにしています。外は暑くても、室内は冷房で冷えていることも多いです。

冷えは万病のもとと言いますが、美容の大敵でもあります。暖かい季節だからといっても、冷えを我慢しない、寒さを感じたら温めることが、美と健康への近道かもしれませんね。