美肌も、風邪予防も、手先の冷えにも!お風呂に入れて皮まで活用

今年は例年より早く冬将軍がやってきました。コタツとみかんが恋しい季節到来です。
みかんには美肌、免疫力アップ、手足の冷え、疲労回復など、女性に嬉しい成分がたくさん含まれています。

みかんが秘める機能性

私たちが普段食べなれているみかんは「温州みかん」と呼ばれるみかんです。温州みかんには、β-クリプトキサンチンという成分が豊富に含まれています。β-クリプトキサンチンは、みかんのオレンジ色を作り出している成分で、みかんの仲間に多く含まれているのですが、温州みかんに含まれる量はその中でも1番で、ほかのみかん類よりもズバ抜けて多く含まれています。β-クリプトキサンチンには、強い抗酸化作用があり、免疫力を高める、骨粗しょう症の発症リスクを低下させる、など女性には嬉しい成分です。
機能性表示制度がスタートして、農産物にも機能性を謳えるようになり、いち早く認められた「三ケ日みかん」であり、その機能性成分がβ-クリプトキサンチンです。

みかんにはそのほかにも、ビタミンCやクエン酸も含まれています。ビタミンCは何度か登場している栄養素ですが、美肌効果と免疫力をアップさせる働きを持ち、積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンCは水溶性で熱にも弱い栄養素ですから、みかんのようにそのまま食べる方が効率よくビタミンCを摂れますね。
クエン酸は疲労回復に効果があるとされている成分です。疲れをとるのはもちろんですが、疲れにくい体をつくる働きがありますので、忙しい女性には必要な成分です。

 

みかんの薄皮やスジには、ペクチンとヘスペリジンが豊富に含まれています。ペクチンは水溶性食物繊維の一種で、お腹の調子を整える働きがあります。ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、毛細血管を強くする働きがありますので、手足の冷えを感じやすい、むくみを感じやすい方におすすめです。ヘスペリジンはビタミンCを安定化させる働きもあるので、より効率的にビタミンCを摂ることができます。

ヘスペリジンは特に皮の部分に多く含まれます。みかんの皮を乾燥させた「陳皮」は、漢方にも薬味にも使われています。漢方では「六君子湯」など胃腸の調子を整える生薬として使われます。昔の人はみかんの皮にも素晴らしい栄養があることもご存じだったのですね。
みかんの皮をお風呂に入れるとヘスペリジンの血行促進効果で体がポカポカに温まります。

食べだしたら止まらない!美味しくても、1日2~3を目安に

体に良い成分がたくさん含まれるみかんですが、食べ過ぎには注意が必要です。
「みかんを食べ過ぎて手が黄色くなった」という話を聞いたことあると思います。これは柑皮症といって、みかんに含まれる色素が体の中にたまってしまった状態です。体に悪い栄養を及ぼすものではありませんが、「黄色くなった」と感じたら食べるのを控えましょう。
みかんには多くの水分が含まれていますので、食べ過ぎると体を冷やします。みかん1個のカロリーは控えめですが、果糖もたくさん含みますので、1日2~3個を目安に召し上がるとよいと思います。

 

インフルエンザも流行期に入り、風邪を引きやすい季節となりました。みかんを食べて、風邪に負けない体を作りましょう。